あかのれんホールディングス

社名由来

間口がわずか二間(約3.6m)という
小さな店舗だった呉服店時代。
その際、創業者の伊藤藤三郎が店先に掛けたのれんが、
赤の生地に白抜きの屋号を入れたものでした。
それを見たお客様から、いつの間にか
「あかのれん」という愛称で呼んで戴けることになり、
その後これを社名として掲げ、今日に至ります。

沿革

1919(大正8年)

伊藤藤三郎が「いとう呉服店」を創業、あかのれんと改名。

いとう呉服店
いとう呉服店
あかのれん
あかのれん

1947(昭和22年)

伊藤英明が事業を継承。

1950(昭和25年)

株式会社あかのれんを設立、伊藤英明が社長に就任。
小売事業と共に、服地の通信販売事業を開始。

1960(昭和35年)

名古屋市南区内田橋にて、当時としては画期的なセルフサービスを組み入れた新しい経営手法を導入。

1960年

1962(昭和37年)

新瑞橋店オープン。

1964(昭和39年)

勝川店オープン。

1966(昭和41年)

本部社屋が完成。
本格的なチェーン経営を目指し本部機構を発足。

1967(昭和42年)

新瑞橋店を移転新築し、売場面積ワンフロアー1,000坪の大型店としてオープン、業界の注目を浴びる。

1970(昭和45年)

内田橋店を移転新築し、4階建ての総合大型店としてオープン。
ユニー株式会社と業務提携し、ヤマダ屋・吉田屋と共に株式会社FCユニーを設立。

1974(昭和49年)

高級婦人服「アレン」のインショップ展開を開始。

1975(昭和50年)

猪子石店オープン。
株式会社FCユニーを吸収合併し、ユニー株式会社との業務提携を解消、新生あかのれんとしてスタート。

1977(昭和52年)

焼津南店オープン。

1979(昭和54年)

伊藤美代子が社長に就任。

1982(昭和57年)

内田橋店に500台収容の立体駐車場が完成。

1984(昭和59年)

八田店オープン。

1986(昭和61年)

多治見店オープン。
猪子石店を全面的にスクラップ&ビルド、地下駐車場まで完備した
新しいショッピングセンターとしてASTY店オープン。

ASTY店
ASTY店

1989(平成元年)

創業70周年。山本誠一が社長に就任。

1990(平成2年)

C・フェスタ店オープン。

1992(平成4年)

アスカ店オープン。

アスカ店
アスカ店

1994(平成6年)

五郎丸店、高棚店、岐南店オープン。

1995(平成7年)

岡崎ニュース店オープン。
ポイントカードによる顧客管理システムを導入。
各店仕入体制から、全店一括仕入体制に移行。

1996(平成8年)

芥見店オープン。

1997(平成9年)

高山店オープン。
新瑞橋店を全面的にスクラップ&ビルド、2階には家電大型店を誘致、
自走式立体駐車場を備えた大型スペシャリティストアとしてオープン。

新瑞橋店
新瑞橋店

1998(平成10年)

千音寺店オープン。

1999(平成11年)

創業80周年。 POSを活用した本格的な情報管理システムを導入。

2000(平成12年)

土岐店、大東店オープン。

大東店
大東店

2001(平成13年)

春日井西店オープン。

2002(平成14年)

豊田町店オープン。

2003(平成15年)

伊藤享司が社長に就任。

2004(平成16年)

安城店、上和田店、日進店オープン。

2005(平成17年)

高岡木津店、美濃加茂店、金沢大桑店、長良店、桑名東店オープン。
内田橋店を全面的にスクラップ&ビルド、1フロアーの面積を広げ、
1階には大型スーパーマーケットを誘致、本格的な大型スペシャリティストアとしてオープン。

美濃加茂店
美濃加茂店
内田橋店
内田橋店
桑名東店
桑名東店

2006(平成18年)

金沢木曳野店、垂井店、羽島インター店オープン。

垂井店
垂井店
羽島インター店
羽島インター店

2007(平成19年)

菊川店、掛川店、愛西店、熱田店、西尾店オープン。
勝川店を全面的にスクラップ&ビルド、本格的なスペシャリティストアとしてオープン。

2008(平成20年)

ミタス伊勢店、瑞浪中央店、福井新田塚店、四日市富田店、フレスポ鈴鹿店オープン。
EDIを使ったペーパーレス取引による物流システムが本格稼働。

2009(平成21年)

創業90周年。有玉店、野々市店、市橋店、碧南店、南浅田店オープン。

2010(平成22年)

名和店オープン。

2011(平成23年)

豊川店オープン。

2012(平成24年)

各務原店、富山本郷店、中津川店、浜北中瀬店オープン。

2013(平成25年)

稲沢店、蒲郡店、富士宮店、関店、静岡富士見台店オープン。

2014(平成26年)

富士厚原店、鳴海店、大垣東店、蟹江店、可児店、磐田見付店、豊橋牟呂店オープン。

2015(平成27年)

塩尻店、加木屋店オープン。

2016(平成28年)

高針店、長野若里店、清水高橋店オープン。

2017(平成29年)

宇治店オープン。

2018(平成30年)

長野篠ノ井店、藤岡店、今池店、堺高須店、大和高田店オープン。

2019(平成31年)

創業100周年。
浜松早出店、栂・美木多店、豊田陣中店、富山下飯野店、恵那正家店、名張店オープン。

2020(令和2年)

静岡草薙店オープン。

2021(令和3年)

茨木太田店、彦根店、ビバモール美原南インター店、南千里店オープン。

2022(令和4年)

株式会社あかのれんホールディングス、株式会社あかのれん、株式会社アレンを設立。
ビバホーム一宮店、名西店オープン。
アレン単独初出店となる、アレン名西店をオープン。

2023(令和5年)

多治見東店、なるぱーく店、津城山店、白土店オープン。

伊藤享司が会長に就任。
山本英嗣が(株)あかのれんホールディングス及び(株)アレンの社長に就任。
伊藤瑛祐が(株)あかのれんの社長に就任。